規格幅58mmのレジロール経費削減

レジロール紙の企画幅は58㎜が最も多く、使用しているレジのメーカーのロール紙とサイズが適合すれば問題なく使用することができます。サーマルロール紙はメーカーが推奨している純正品を使用しなくても十分に印刷が可能です。純正品と同等の精度で使用することができるうえに価格も安いために、経費削減につなげることができます。サーマル紙は経年で変色や劣化が進むために、保存する際には注意が必要です。長期保存が必要な場合は状況に応じた商品を選ぶことが大切で、保存方法もできるだけ光源から遠ざけたり遮ったりできる場所に保管することが大事です、包装に使われている遮光用の袋を捨てずにとっておくと、長期保存に利用することができ非常に便利です。会社のイメージアップにも利用できるカラーペーパーなども利用することがきます。

適合サイズなら純正品の必要なし

レジロール紙の規格は紙幅58mmのタイプの種類が最も多く、使用しているレジのメーカーが推奨している純正品ではなくても使うことができます。サーマルロール紙は高価なメーカー純正品を使用しなくても十分印刷することができ、ある程度の長期保存にも対応しています。純正品とは違い単価も安く、業務用パッケージなどの購入でさらにひとつ当たりの価格を抑えることができます。
レジの構造により使用するロール紙のサイズも異なり、幅や外形及び内芯のサイズが一致するものを選ぶ必要があります。サイズが一致する機種を使用していれば汎用品メーカーの対応機種一覧表に掲載されていなくても使用することができます。セット商品が安価だからといって一度にたくさん購入する必要はなく、少量を購入して試用してみることが重要です。

保存年数に対応した用紙の選択が必要

レジロール紙は一定期間の保存が必要になります。特にサーマルロール紙は経年で変色等の変化が紙質に見られ、適切な保存状態を保つためには長期保存が可能な紙質の商品を選ぶことが大事です。サーマルロール紙の保存は光源を避けた場所で保存することが大切で、光源が入りにくい遮光用の容器や袋に保存することがポイントです。
レシート表示に会社のロゴや名前などを入れることがあります。レシート一枚でも会社独自の特徴を出すことが可能です。白だけでなく、様々な色のロール紙を使い分けることで会社独自の特徴を出すことができます。ロール紙のカラーが変わるとイメージも変わり、店舗の雰囲気を変えることにも役立ちます。できるだけインクの色が目立ちやすいカラーを選ぶことが大切なポイントです。

ピックアップ記事

レジロールに激安のものを利用するメリット

商品を購入した際に領収書代わりに受け取るレシートは、購入した物品の詳細が記載してあることから様々な用途に利用できるものとして多くの消費者が効果的に利用しています。そのためレシートに記載されている内容に...

多くのレジロールの入れ方は簡単です

レジロールと聞いて何を思い浮かべるかで、その人の経験した職業が分かります。買物をしてレジで貰うレシートの用紙だと思い浮かべた人は少なくとも店舗でレジを経験したことのある人です。あのレシートは一枚一枚は...

レジロールを販売しているお店の選び方

レジを使用するにはレジロールを準備する必要がありますが、消耗品であり必要経費ですので、少しでも安く手に入れたいと思うのが一般的な考え方です。購入する時には1つ1つの単価が問題となってきますが、まとめて...

規格幅58mmのレジロール経費削減

レジロール紙の企画幅は58㎜が最も多く、使用しているレジのメーカーのロール紙とサイズが適合すれば問題なく使用することができます。サーマルロール紙はメーカーが推奨している純正品を使用しなくても十分に印刷...


コンテンツ

カテゴリー