レジロールを販売しているお店の選び方

レジを使用するにはレジロールを準備する必要がありますが、消耗品であり必要経費ですので、少しでも安く手に入れたいと思うのが一般的な考え方です。購入する時には1つ1つの単価が問題となってきますが、まとめて大量に購入すれば、割り引かれる可能性もありますので、視野に入れて検討する必要があります。
個人商店とチェーンのスーパーマーケットなどでは必要とする数も違ってきますし、今後も定期的に購入するというのであれば、価格交渉をすると値引きしてもらえる可能性も出てくるでしょう。販売店サイドから見ても、定期的に購入してくれる顧客は逃したくないという思うでしょうから、優遇措置を取ってくれるかもしれません。どこから購入するかを検討する際には、チェックしてみることがおすすめです。

小売店から購入するより販売店から買う方がおすすめ

レジロールはさまざまな店舗で販売されていますが、より安く手に入れるためには、小売店から買うよりも販売店から買うのがおすすめです。しかし、お店によっては、小売店や小規模店舗とは取引を行っていないというところもありますので、小売店とも取引しているお店を探すことも必要になってきます。
その場合、定価はある程度決まってきてしまいますが、割引率がどれくらいになるかは、個々の店舗間で異なってきます。
また、タイミングによってはセールの時期などと重なれば、普段と比べて割安に仕入れることも可能です。そのため、手近なところでいきなり購入してしまうのではなく、まず相場はどれくらいなのかを知ることや複数の店舗の情報を集めることも怠らないようにしなくてはなりません。

インターネット通販での購入もおすすめ

最近ではさまざまなものがインターネットショップを通じて売られていますが、レジロールも例外ではありません。インターネットショップのメリットは、実店舗を持たずに運営を行っているところも多いため、店舗運営費や人件費などが節約されており、その分が価格に反映されて安く購入できることがあります。
また、必要となった時に買いに出かける手間を省くことができ、24時間いつでも注文が出せる点も大きなメリットの1つです。インターネットショップの場合も、まとめ買いをすることで単価が安くなったり、送料の割引や無料サービスが受けられることがあります。複数の店舗の価格の比較も簡単に行えますので、少しでも経費を安くするためには、その手間を惜しまないようにすることも必要です。

ピックアップ記事

レジロールに激安のものを利用するメリット

商品を購入した際に領収書代わりに受け取るレシートは、購入した物品の詳細が記載してあることから様々な用途に利用できるものとして多くの消費者が効果的に利用しています。そのためレシートに記載されている内容に...

多くのレジロールの入れ方は簡単です

レジロールと聞いて何を思い浮かべるかで、その人の経験した職業が分かります。買物をしてレジで貰うレシートの用紙だと思い浮かべた人は少なくとも店舗でレジを経験したことのある人です。あのレシートは一枚一枚は...

レジロールを販売しているお店の選び方

レジを使用するにはレジロールを準備する必要がありますが、消耗品であり必要経費ですので、少しでも安く手に入れたいと思うのが一般的な考え方です。購入する時には1つ1つの単価が問題となってきますが、まとめて...

規格幅58mmのレジロール経費削減

レジロール紙の企画幅は58㎜が最も多く、使用しているレジのメーカーのロール紙とサイズが適合すれば問題なく使用することができます。サーマルロール紙はメーカーが推奨している純正品を使用しなくても十分に印刷...


コンテンツ

カテゴリー